審美歯科とは

審美とは、一般には 『美醜を見分けること』ですが、 歯科で使う審美とは、
健康の上にさらに自然に、より調和のとれた状態にしていくことを言います。
昔なら前歯に金冠をかぶせてギラギラさせているのが
ステイタスだったかもしれませんが、現在はより天然の歯に近く、
しかも歯並びもよくと言うのが当たり前で、歯を削って、見た目だけを良くしても、
それは、本当の審美ではありません。
なぜならば、天然の歯にかなうものなどこの世の中には無いからです。
又、基本的な治療(むし歯、歯周病等)をおろそかにすれば、すぐに壊れてしまって、結局は、歯が無くなってしまうでしょう。まず歯や口の中が健康でなくてはなりません。

審美歯科について

かぶせものについて

むし歯を治療した時に、残った歯を保護するために、覆いかぶせるものをかぶせものと言います。
かぶせものはむし歯に侵された部分をもとの歯の形に復元します。

つめものについて

むし歯を治療した時に、残った歯を保護するために、元の歯と同じ形につめものをつめます。これをつめものと言います。
つめものはむし歯に侵された部分をもとの歯の形に復元します。

土台について

神経を取らなくてはならなくなった場合、人工の歯をかぶせることが必要になってきます。
この際、神経を取ってしまった歯は、もろいため、歯を補強するために神経のあった部分に土台を入れる必要があります。

インプラントの利点と欠点

冠(かぶせ)を作る時や、部分的なつめものをする時で歯と同じ様な色を選ぶ場合、下の表が役に立ちます。

種類 コンポジットレジン ハイブリッドセラミック類 オールセラミック類
説明 プラスチックの様なもの プラスチックの様なものに
セラミックスの粉を足したもの
セラミックス(陶材)やガラス類のみで
できているもの
強度 弱い 歯の硬さと同じくらい 歯の硬さと同じかそれ以上
長所 安価 相手の歯を傷つけにくい 見た目は天然の歯に近い
短所 大臼歯には不向き ラミネートには不向き ブリッジには不向き
特徴 小臼歯、インレーのみ
使用保険適用
比較的安価 高価だが一生もの
ラミネートベニア
前歯に薄いセラミックスを貼り付ける方法で、きれいで自然なお口元を実現します。
歯を全周削る事無く表面を一層削るだけなのでお痛みが出る事もあまりありません。歯の色が気になる方や歯と歯の間があいて気になる方、前歯の形をかえたい方等その対象は幅広くなっています。
ポーセレンクラウン(オールセラミックスクラウン)
セラミックスのみを使った被せものです。
セラミックスの最大の特徴は他の素材に比べて天然歯に最も近い色調と透過性を表現できる事です。オールセラミックスクラウンはその全てにセラミックスを用いるため、歯の裏も白くでき、目立たず驚くほど自然な口元を取り戻します。奥歯にも対応でき、見た目も機能的な面においても、よりいっそうのご満足が得られると思います。 またセラミックスは生体親和性が高いため、体に優しく金属アレルギーの心配もありません。
メタルボンド
メタルボンドとは歯を全体的に覆う金属のかぶせ物(クラウン)を製作し、セラミックを焼付ける方法(義歯・差し歯)です。
最もポピュラーな歯の治療法で、セット後の満足度が高いです。従来の「プラスティック」(前歯の被せ物の白い部分に使用)と比較すると、表面の密度が高いため、とても硬く、また色素の付着や吸着がおこりにくいので、色がほとんど変化しません。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミッククラウンとは、プラスチックとセラミックスを混ぜて作ったかぶせもののことです。セラミッククラウンほど透明感はなく、変色もありますが、硬度は自然歯に近いため歯に優しいです。

このページの上部へ